「ももた」が福井釣り情報(福井 越前 三国)を中心にアオリイカ、青物、キスその他釣り情報を自らの足でお伝えします。


by yoshikawa-hajime

<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

皆様の愛の一日ワンクリックで不肖モモタのブログは
北陸釣りブログナンバー1に輝いております!
強烈感謝感謝で今後とも福井釣り情報をお伝えするのに
モチベーションが上がりまくりです。
引き続き、愛のクリックをお願いしたいところです!!

↓↓↓1日1回愛のクリックを!
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

そういえばツイッター始めましたよ。
良ければフォローしてください!
福井の釣り情報を現地から呟きます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓コチラから
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

サッカー日本、オマーン破りW杯大手


ももたでございます(*´ェ`*)

早くも霰が降りましたね(´Д` )





前回の釣行で釣り上げたヒラメを、プロの料理人に捌いてもらいました


料理人の名は めぐ さん




彼はプロの料理人であり
そしてブロガーであり
釣り師であります!(`∞´)




珍しくヒラメが釣れたことを自慢したくて
釣れた日のうちにお知り合いに片っ端からメールやらLineやらで連絡しておりました(*´ω`)
そうしましたら めぐ さんより




捌きましょうか?(゜ω゜)

とありがたいお言葉





実をいうと、私はヒラメというのは全く捌き方が分からず
とりあえず親の家に持って行ってしまえ(`Д´)/
と思っていたところでした

多分親の家に持って行けば
ヒラメはぶつ切りで煮付けになっていたと思います(;´д`)




さて、捌いていただいた めぐ さんについてフォローしたいと思います
彼はフランス料理のシェフです
釣りが大好きで、それが乗じて上州屋でバイトしていた時期もあったようだ
しばらく修行の為福井を離れていたようだが
地元に戻ってからは子供を育てながら釣りにいそしんでいる

彼のブログは私のリンクに貼ってあります

http://special1091.blog.fc2.com/
福井の釣り!海~渓流までの釣りと日常の報告(^^)v


めぐ という名前を聞いて、皆さん女性だと思ったようだ
とうとう本格派釣りガールが福井にも誕生か?
と、多くの釣り師が期待したものだが

でした

皆さんキレたものである(`∞´)



以前プリンセスメグ という愛称で日本代表選手だった女子バレーボール選手がいますが
めぐさんと彼女とは全く関係ありません
ちなみに彼女は膝の故障等でロンドン五輪代表には選ばれなかったが
今も現役のストライカーである
今年から岡山シーガールズという団体に所属しております





そんな感じの方です(´ω`)

さて、職場に持って来てくれたら捌きますよと言われて
鯖江に走る事にした


捌いているところを見学させてもらってもいい?
彼は快く承諾しれくれました
ありがとうございます( ^ω^ )




料理人の厨房の入るのに遠慮があったが
ここは甘えて捌き方を見て学ぼうと思いました

釣り上げたヒラメを見た めぐ さんの第一声は 
「小さいですね~」(*´д`*)

最初45センチはあるかと思ったヒラメでしたが
測ってみれば39センチ
もうちょっとサイズアップしたのを釣りたいですね(*´ω`)

しかしこのサイズがあれば十分お造りには出来る
結構肉厚なのだ(・∀・)



めぐさんは私の為に
刺身のツマと大葉、飾りわさび盛りを用意してくれていました
e0253927_0532170.jpg

ありがとうございます(*´ω`)




まずはヒラメのうろこを落としていきます
結構頑丈なうろこがついているんですね~(゜∞゜)


次に頭を落とします
エラのところに包丁を入れ
無駄に身を切りすぎないよう付け根から頭を取り外していきました
同時に引き抜くように内臓を取り出していきます
なるほど~そう取り除くのか(`・ω・´)

胸ビレをはずして


こんな感じ
e0253927_0563214.jpg

無駄がないな~(´∀`)



ここからは写真をメインに説明します

今日の捌き方は5枚おろしです
ヒラメの背骨に合わせて包丁を入れていきます

ヒラメの周りに切り目を入れていきます
e0253927_10316.jpg





次は背骨に入れた切り目から
中央から外側にそぐように
包丁を入れていきます
e0253927_11254.jpg




背骨に合わせて少しづつ
e0253927_113986.jpg



表が終わったらひっくり返して裏側も同じように
e0253927_121321.jpg





ヒラメを捌く めぐ さん
写真は本人了承済み、プロの仕事でしたね~
e0253927_152285.jpg



5枚におろせたら次は中骨を切り取って
次に皮をとります
e0253927_134100.jpg




プロだから当然かもしれませんが ウマイ!(゚Д゚)

包丁をねかせて皮をひっぱるように
e0253927_162355.jpg



さくの出来上がり!
これを薄く切り取っていきます
e0253927_175612.jpg





出来上がりがこちら
e0253927_183840.jpg





お造りは向こう側が透き通るほど薄く切り取られています
e0253927_191643.jpg


プロフェッショナル!






お造りは4つの小皿に分けてもらいました
タモ入れしてくれたjonnkaraさんにもおそそわけ持って行こう( ^ω^ )





この後釣れた小アジも3枚おろしにしてくました
なんとも滑らかな包丁さばき
e0253927_111754.jpg




こんな感じへ
e0253927_1131429.jpg

めちゃくちゃキレイだ(´∀`)
こんなの釣ってどうするんや?
というような小鯵も、プロの手にかかれば立派な食材に変身するのです!(゚Д゚)




簡単そうだったので
後で自分でも真似して小鯵の開きやってみましたが
クチャクチャになりました(´Д` )
やはり難しいです



包丁使うならまかせろっ(`∞´)
って思っていた私ですが
改めて自分の包丁さばきの未熟さを感じました
もう一度頭を丸めて修行の旅にでようと思います(´ω`)


きれいな仕上がりはプロの仕事だからなんですね(*´д`*)





フランス料理の厨房には
アオリイカの魚拓が描かれた上州屋のカレンダー

まさに プロフェッショナル!(`∞´)






出来上がったお造りを、用意してくれた発砲スチロールの箱に並べていきます
e0253927_11462.jpg




親の家にも持って行けたし
珍しい今日獲れのヒラメのお造りは大人気でしたね
皆さん美味しいといいながら食べてくれたようです( ^ω^ )




めぐさん今回はありがとうございました
捌き方も勉強になりました







今度ハマチと尺アジの捌き方教えて下さい!('∞'*)





本日もお付き合いいただきありがとうございました
[PR]
by yoshikawa-hajime | 2012-11-15 01:14 | 雑感
皆様の愛の一日ワンクリックで不肖モモタのブログは
北陸釣りブログナンバー1に輝いております!
強烈感謝感謝で今後とも福井釣り情報をお伝えするのに
モチベーションが上がりまくりです。
引き続き、愛のクリックをお願いしたいところです!!

↓↓↓1日1回愛のクリックを!
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

そういえばツイッター始めましたよ。
良ければフォローしてください!
福井の釣り情報を現地から呟きます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓コチラから
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

米大統領選 オバマ勝利


ももたでございます(*´ω`*)
皆さん食欲の秋ですね
食べてますか?
太ってますか?

僕は少し体重が増えてきたようです
そろそろ走らなければ(;´Д`)

福井釣り情報です




起きたのは3時過ぎ
昨日は寝落ちしてしまったので十分な睡眠時間を確保出来た
どうしようかなぁ・・・・・・・

どうしようと思っても、前日アミエビを購入していたので
嫌でも行くしかありません
コソコソと支度を始め
まさかこの時間はまだ起きてないだろと思いつつ
最近アジ釣りに燃えているH氏にメールを送ったのは3:30









すぐさま返信が帰ってきたΣ(゚д゚;)
「今鷹巣、釣れてない(;ω;)」

えーすでに海で釣りしているんですか!(゜∞゜)

何という朝の早さと情熱
H氏の熱さに身震いする思いでした(`∞´)

ですがそれからもゆるりと支度をして(´∀`)
朝4時前に出発
僕たちの熱い海に向かいます!



さて、どこ行こうか?



先日まで連日のように
サビキを入れれば入食いな状況だったのですが
どうやら今日はちょっと様子が違うようです
H氏によると、3時までは釣れていたが
この時から強い雨が降ったようで
それからパタッと当たりが止まったとの事だった

雨によって釣果が変わるものなのか?


とりあえず、先日まで爆釣していた鷹巣は渋いうようだ
今日は金曜日という平日の朝4時頃に関わらず
また寒い中小雨がパラパラと降っているにも関わらず
すでに漁港には8人ほどの釣り師達が入っているとか(゜∞゜)

あんたも好きね~(*´д`*)




車を走らせながらどこに場所を陣取るか考える
人が多い中、実績のある鷹巣漁港へ向かうか?
久々に三国新港に行ってみるか?
河口の突堤でも実績あるし・・・・・・




結論は、車がベタづけ出来る長橋漁港に向かいました!(`∞´)
ええ、出来るだけ歩かずエントリー出来る場所に決まりましたね



長橋漁港とはこんなところです
e0253927_12392675.jpg


もう一枚
e0253927_12395219.jpg





長橋漁港は常夜灯が付いていたと思ったのですが
到着すると真っ暗
仕方ないので、橋の下の駐車場に移ります
ここは強い光ではないものの
橋の上についているライトが漁港内をうっすらと照らしてくれています

常夜灯の下にアジがいる!(`∞´)

最近よく聞かれる都市伝説を完全に信じきっている私は
とにかく明かりが灯る場所を求めて移動していきます

漁港内は誰一人いません
お隣の鷹巣はごった返しているのにこの違いは何だろうか?

ひょっとして・・・・・・・・・・





釣れない?(・.・;)





まぁ漁港なんてどこもいっしょさと
再移動するのが面倒なので自分を納得させ
仕掛けの準備を始めました
この日の仕掛けは簡単に釣りが出来るよう
6号のアジサビキ針に、15号のカゴをつけたシンプルなもの
竿はなんちゃって投げ竿3.6メートルぐらい
用意と片付けが簡単に済むようウキは付けません
防波堤から真下に仕掛けを
落とすのみです


風は東から吹いてくる感じでした
雨はポツポツと降っております
しかし、十分インナーを着こんでいるのと
安物ながらカッパを装着しているため
それほど苦しい寒さは感じませんでした




時間は5時少し前
まずめのゴールデンタイム!
仕掛けを準備し希望に胸を膨らませ、サビキを海に投入します
先日は白浜漁港でサビキを入れた途端豆アジが爆釣
すぐに竿先がブルブルと震えたものでした
今日はどうか!(`∞´)


















異常なし

竿先がピクリとも動きません(´Д` )

他に誰もいない闇の中で
しばし、もくもくとサビキカゴにエサを入れ投入を繰り返します


どうする?(・.・;)




たまらずH氏に電話、そちらの釣況を確認します
「こっちもダメだわ、周りにポツポツ釣れている人いるけど渋い」(´Д` )
jonnkara氏も合流したようですが
あまりの人の密集度に心折れて様子を伺っているだけとの事




竿先には変わらず反応はありません
移動か?(-_-)

しかし移動するとなるとこの仕掛けを回収し
車で移動してさらに同じ仕掛けをセットし直すという動作が必要になります
午前中予定あるし
釣れない日はどこに行ってもダメなような・・・・・
頭の中の思考が暗黒面に落ちていきます





その時でした
何やら1台の車が漁港内に入ってきた様子
こんな釣れない場所に来るなんて可哀想に・・・・(´・ω・`)
気付かないフリで仕掛けを投入しておりますと





「おはようございます」

jonnkaraさんだ!(゜ω゜)






誰もいない闇の中で一人釣れない釣りをしていると
祟りで幽霊に背中を突然押され海に転落しないかなどど
いらない妄想で不安になるものですが
心強い味方が現れました(´∀`)
そしてこのご縁が後々とんでもないサプライズを引き起こす事になるのです!(`∞´)



しばし現在の釣況や鷹巣の釣況について話をします
鷹巣はポツポツ釣れてはいるものの、前日までのような爆釣劇は無い様子
こちらはまったくピクリとも反応が無い事などを伝えます


しかしjonnkara氏の目に焦りはありませんでした
この時期の、この時間、竿先がピクリとも反応しない事は
実はよくある事だとか
先日まで暗い内から爆釣していたことの方が珍しいよと

そうなのかぁ(;´д`)




しかしだ
jonnkara氏曰く







時合いは来る(`∞´)






というのです!
例年であれば6時ぐらいを堺に
アジが回遊してくる時間帯があるとか
それまではパタッと釣れないが
時合いが始まるとバタバタッと釣れることがよくあるとか
回遊してくる群れの大きさにより釣果は変わるけど
今反応なくても
エサを巻いていれば分からんよ!(`・ω・´)


経験に裏打ちされた前向きなjonnkaraさんの言葉に勇気が湧いてきます066.gif



jonnkaraさんがアジングの準備をセット
二人でしばし粘る事にしました
時間は5:15分頃だったと思います



静かな時間が過ぎていきました



この間にjonnkaraさんに時合いが来た時の事や
最近の釣況について、いろいろと聞いていきます
何でもスラスラ答えるjonnkara氏
ホント詳しいですね~



ん?(・ω・)
しばらくすると何やら小魚が堤防の周りに集まって来ました
5:30を過ぎた頃だったと思います
着いた頃は全く魚影がなかったのですが
何か変化が起きているような気がします


小魚の集まりを見たjonnkara氏
「これイワシじゃない!?」


僕の目にはどう見ても豆フグの集まりにしか見えなかったのですが(´・ω・`)
海況の変化にjonnkara氏の心が熱くなっているようです
彼は常に前向きだ(´∀`)





ピシャッ
何かが跳ねました(`・ω・´)
この跳ね方は間違いなくイワシと思われます
これを見たjonnkara氏
「めっちゃイワシ跳ねてる!」

(´・ω・)そうですか?確かに跳ねたけど一瞬だけで終わったような・・・・・、
しかし海況の変化に心躍る彼の目には、大量のイワシが跳ねているように映っているのだった
彼は常に前向きです(*´∀`*)



物事の事象は一つでも
それをプラスに捉えるのとマイナスに捉えるのとでは結果が大きく違ってくる
そんな話を聞いた事があります
プラスに捉える人はその波動が大きく広がって
どんどん良い事が起きたりするものだとか
プラス思考って大切ですね・・・・・







それから間もなく


ココンッ!


僕の竿先に小気味の良いアタリがきました(`・ω・´)
このアタリは間違いなくアジ

時合いか!?  (`∞´)





竿をあげてみると掛かっているのはどうしようもない程の豆アジ(´ω`)
仕方ないのでリリースしていきます
ただ着いた頃はピクリとも動かなかった竿先に連続したアタリが出ているので
ちょっと気持ちも熱くなってきましたね

jonnkara氏のキャストにも力が入ってきます





しかしアタリは出てきたものの、何度釣り上げても豆アジばかり
少し休憩するかぁ
僕は小アジが掛かったままの竿を置き竿にしました
状況を観察します


グングンッ


ん?(・ω・)
竿先に少し大きめのアタリが現れ
ちょっと型の良いアジでもかかったかなと
そっと竿を持ち上げてみました



何となく少し重い様子
しかしとくに走る感触はない



リールを巻いてみると
ぬ~ん とした影が浮かび上がって来ました
海草でも引っかけたかな?ひょっとしてタコか?(・ω・)
海面に浮かぼうとしたその時でした


バシャッ! グググッ




突然海面を弾き、何やらが下に潜ろうとしました!(゜∞゜)
何だ?何かキタぞ!(;゚Д゚)



こんな内湾でのサビキ釣りである
大物が釣れるなんて思っておりません
当然私はタモなど持ってきてはいません

これを見ていたjonnkara氏
タモ用意します!(`∞´)



このままぶち抜こうとした私でしたが
過去の苦い経験が思い起こされまます
以前釣り友のシューイチさんがぶっこみで釣りをしていた時
60オーバーいったか?というような巨大マゴチを掛けた事があります
シューイチさんがタモを持って来ていたのを知らなかった私は
俺にまかせろ!(`Д´)/
と、ラインを引っ張って強引に魚を抜きあげようとしたら
プチッ  :(;゛゜'ω゜'):
やってしまった事があるのです(´Д` )

ここは慎重に・・・・・・

暴れる魚にバレないよう祈りつつ
jonnkara氏を待ちます
車にタモを取りに行った彼は
驚く程のスピードでタモをセットして戻ってきてくれました
彼の判断力と行動力に脱帽です(゜ω゜)



再び竿を立て魚を手前に寄せます
jonnkara氏、炎のタモ入れが炸裂!(`Д´)
あがってきたのは・・・・・・・

























e0253927_1247090.jpg

(゚Д゚)うぉーキター!!!


(・∀・)ニヤニヤ
e0253927_12473037.jpg





そう、その正体は  ヒラメ
e0253927_1248094.jpg


。・゚・(´∀`*)゚・・。 ヤタッ

久々のヒラメでした
もう3年ぶりぐらいでしょうか?
型は40センチ(後で実際釣具屋Pで測ってもらったら39センチでしたが)と
大型まではいかなかったものの
肉厚で十分お造りに出来るサイズでした
いやぁ嬉しかったです(・´з`・)エヘヘ

サプライズでしたね~( ^ω^ )





その後は小フグもかかりました
小フグは なかなか愛嬌があります
e0253927_12485279.jpg

怒っている(゚o゚;;
しかし、貴重なワームをかじり倒し
サビキの針を切り取ってしまう悪い奴なのです
針をはずし容赦なく海に放り込みます




その後僕は小アジを何匹か追加

jonnkara氏も小アジをアジングで一匹釣り上げ
その後はフグの猛攻に貴重なワームを度々かじられところで
本日は納竿としました




この日はいろんな事を感じた日でした
着いた時は全く反応がない為
今日は釣れない日なのだろうと早々に諦めていましたが
まずめ時の時合いというものはあるんですね
突然海況が変わるなんて事が起こります
また今日はこんな内湾での釣り
e0253927_12512137.jpg

ヒラメがかかるなんて事があるんですね
まずめ時にイワシや小アジなどのベイトが堤防に寄ってきて
それを狙いにフィッシュイーターも接岸しているものなのかもしれません



本日の釣果
e0253927_12515151.jpg



ヒラメを獲得出来たのはjonnkara氏の機転と熟練したタモ入れのおかげです
ありがとうございました
また彼の理論は経験に裏付けされたものだと感じましたね





皆さん釣りはやってみないと分かりません
何が起こるかわかりませんよ~( ^ω^ )


次は調理編いきます!('∞'*)




本日もお付き合いいただきありがとうございました
[PR]
by yoshikawa-hajime | 2012-11-10 12:53 | 福井の釣り情報
皆様の愛の一日ワンクリックで不肖モモタのブログは
北陸釣りブログナンバー1に輝いております!
強烈感謝感謝で今後とも福井釣り情報をお伝えするのに
モチベーションが上がりまくりです。
引き続き、愛のクリックをお願いしたいところです!!

↓↓↓1日1回愛のクリックを!
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

そういえばツイッター始めましたよ。
良ければフォローしてください!
福井の釣り情報を現地から呟きます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓コチラから
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

iPad mini 登場



ももたでございます(*´ェ`*)
先日釣れたアオリイカを調理しました





前回の釣行で良型のアオリイカが2ハイ釣れたので
1ハイを親の家に
もう1ハイはどうやって調理しようかな?
ここ最近はお造りにする事が多かったのですが

今日は焼きイカを作ってみました!




皆さん焼きイカってたまに食べたくなる事ありませんか?
お祭りや鉾島で売ってますよね
あの醤油とイカを焼いた香ばしい匂い(*´ω`*)
噛むとブツッと歯切れのいい触感(*´д`*)
かぶりつきたくなる事ありませんか?(`∞´)

ちょうど懇意にさせてもらっているブロガー達とも焼きイカの話があって





焼くか(・∀・)






まずはイカを普通に捌きます
内臓を取り出し墨を洗います
皮は付いたままで、味がしみ込むよう胴に切り目を入れていきます
タレは正式な物が分からなかったので
とりあえず醤油とお酒を1対1で割ったものに浸しました
約15分ほど置いて味をしみ込ませていきます(浸す時間は良く分かっていません)


胴長18以上になると結構なボリューム(゜∞゜)
e0253927_1251822.jpg







これを自宅のグリルで焼きます
でもグリルだと小さくて、均等に焼くのは難しかった
焼けた足が反り返って
火に近い場所だけが焦げていくハプニングもあり(´Д` )

やっぱり焼きイカは墨で網焼きに限るなぁ

それでも何とかひっくり返しながら焼いていきます
だんだん焦げた醤油とイカの焼いた匂いが広がってきます(・´з`・)



完成!(`∞´)
e0253927_1262311.jpg







美味し!




お造りも美味しいですが
焼くと甘みが増すというか
醤油の香ばしさとイカの旨味がさらに引き出されている感じでした
新鮮なイカは柔らかく
なおかつブツッと噛み切る歯ごたえも残っています
おもわずかぶりついてしまいますね(*´ω`)





何かもう一品作りたくなって
焼いたゲソを焼きそばに入れました
イカ焼きそば!(`Д´)
e0253927_1274372.jpg




イカの風味がしっかり焼きそばに広がっており
大変美味しゅうございます(*´д`*)





調理次第で無限の可能性を秘めたイカ
釣って良し、食べて良し、あげて良し、

三方良し!


僕たちを虜にしてやみません(*´ω`*)




また食べたいなぁ('∞'*)




本日もお付き合いいただきありがとうございました
[PR]
by yoshikawa-hajime | 2012-11-03 01:30 | アオリイカ