「ももた」が福井釣り情報(福井 越前 三国)を中心にアオリイカ、青物、キスその他釣り情報を自らの足でお伝えします。


by yoshikawa-hajime

福井釣りブロガー集合 後半 2012/10/6(土) 渡船する!

皆様の愛の一日ワンクリックで不肖モモタのブログは
北陸釣りブログナンバー1に輝いております!
強烈感謝感謝で今後とも福井釣り情報をお伝えするのに
モチベーションが上がりまくりです。
引き続き、愛のクリックをお願いしたいところです!!

↓↓↓1日1回愛のクリックを!
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

そういえばツイッター始めましたよ。
良ければフォローしてください!
福井の釣り情報を現地から呟きます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓コチラから
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

フィギュアGP、小塚崇彦逆転優勝


ももたでございます(*´ェ`*)
更新が大変遅れております(汗)


先日何やら部屋の片隅にカサコソと動くものがありまして(゚ー゚;
とうとうゴキブリでも出たのかと身構えましたら













フナムシ? (゜ω゜;)



凍りました(;´Д`)

捕獲して外に捨てに行こうとしたら玄関先にもう一匹 ウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
どこかに紛れ込んできたのでしょうか?

みなさん気を付けて下さい

いますよ!あなたの家にも



福井の釣り情報です




起きたのは3:30
目覚ましは3:40にセットしていたのですが
その前に起きました
朝の弱い僕には珍しい事です
渡船が気になっていたのでしょう


車中泊は最初寝れなかったのですが
気が付いたら寝落ちしていたというか
とりあえず起きたので海の様子を見に行くことにします


4時にはブロガーが集まる予定なので
事前にチェック


外はまだ真っ暗で
辺りの様子はよく分からなかったですが
車のライトで映し出されるテトラ際の波は
確実に前日より落ちている感じでした

これならいけるな(`・ω・´)




第一の到着はシューイチさんでした
彼は朝に強い
根っからの釣り好きです

その後H氏、エヌシマさん、jonnkaraさんが次々に到着
最後にジジさんが現れました



エヌシマさんはじめまして
ももたといいます(*´ェ`*)



とても笑顔で話してくれてる彼は
気さくでいい方でした
風貌はボウズ頭で
いかにも寿司を握っていそうな出で立ちでしたが
広告関係のお仕事だったかな?
現在は確か京都に住んでいて
嫁の実家が福井なので、何ヵ月か一に度は福井へ来られるらしい


さて、本日の釣行について計画を考えます
シューイチさんとjonnkara氏は、仕事で朝早い為磯場に繰り出す事に
H氏、ジジさんエヌシマさん3人を渡船する事になりました

どっから出よう?

どこから出ても釣れる時は釣れるのかもしれませんが
ここ最近特によく出ているいつものポイントへ移動します



準備開始
皆さんが各々のタックルを整えている間に
私はゴムボートを膨らませて行きます
真っ暗な海岸にエアーポンプの煩い音が鳴り響く
周りに民家がなくて良かった(´ω`)



渡船開始です!(`・ω・´)
波打ち際は思ったより打ち寄せがあります
こんな時は乗り込みと離れのタイミングが難しい



一人目はジジさんでした
身軽な彼はスムーズに乗船
僕も素早く乗り込み浪打際を素早く離れます

渡船先は目の前のテトラ帯
比較的近く片道5分ぐらいで到着
ただ辺りはまだ真っ暗なので
磯渡りは慎重にしなければなりません


もし海にハマったとしても
まぁ泳いで帰れるところではありますが
やはりずぶ濡れになるのは痛いですからね
ハマらないように慎重に
なおかつ磯渡りはスピーディーに行います


ジジさん無事渡船終了
次はH氏です






彼は昔体操をやっていたそうですが
昔の写真を見ると信じられないぐらい今は丸くなって
重心がかなり低く安定性抜群に見えました

波打ち際にボートを寄せ
次の波の押し寄せを待ちます

今だっ!

笑顔満点でH氏がボートに乗り込みました
そして間髪入れずに ももた 乗船!
オールを手に取り急いで離れようとしたその時でした









進まん  (´-ω-`)  


いくらH氏が丸くなったからと言って
ボートが沈んでいる訳ではないと思います
ちょうど大きい打ち寄せの波が来たからでしょう


やんややんや、しているうちに、非情にも後続の波が打ち寄せて来ます

ザッパーン!(゚Д゚)




この時点でお互いずぶ濡れでしたね(´Д` )


悲しんでる暇なく次にボートが傾きました(;゚Д゚)
やばい!
こんなにボートが横に傾いたのは初めてでした
波打ち際のなんて事ない場所だろうけど
あきらかにもう少し力が加わればボートが一回転しそうなほど傾いてましたね
転覆も覚悟した時です

僕は見ました!




H氏必死の形相
 


彼のあんな真剣な表情は初めて見ましたね
いつもニコニコと笑顔のH氏
しかしこの時ばかりは眼光鋭く
打ち寄せる波を睨みつけていましたね
こちらからも分かるぐらいかなり踏ん張っているのが分かりました (゚ー゚;


踏ん張りが効いたのかボートが水平に戻ります
今だー!(`Д´)

私も必死で漕ぎました
ボートはすぐさま浪打際を離れ
そうなればこっちのもんです
後は悠々と渡船場まで漕いで行きます





次はエヌシマさん
僕の中では寿司職人なんですが
彼はよく気を使ってくれて
僕が漕ぎましょうか?
とか声かけてくれました

でも手漕ぎボートは慣れてないとなかなか漕ぎにくいものです
とにかく波打ち際の離れが勝負なので
慣れてる人がやった方がトラブル少なく進みます
ありがとう、気持ちは嬉しかったですよ





無事?3人を渡船終了
辺りはまだ真っ暗ですが
エヌシマさんを渡した時にはどうやらジジさんに当たりがあった模様

釣れましたー(*´∀`*)

良型のアオリイカです




良かった、ここまで来て釣れんかったらもうボートなんてやらんわ(`Д´)
って思ってた私は一安心
今日は釣れそうだぞ(`・ω・´)
早速私もタックルの準備を揃えます


皆さん各々の場所へ陣取りエギング開始


キャステング後カウントを取り底に落とします
僕は基本二段シャクリ
底付近を狙い続ける感じのイメージですね
たまにハイピッチショートジャークを入れてアピールを強めます

しばらくシャクリを繰り返していると


グンッ!



突然根掛かりをしたような感触
しかし竿を立てて様子をみると

グンッグンッ!

キター!(*゚д゚*)




いやぁ何度やってもこの感触いいですね(*´∀`*)
楽しいです
ちょうど良い感じの良型を釣り上げました
e0253927_17222720.jpg


エヌシマさんも暗い内に時合いがあったようで
4連続良型ヒットをさせたようです
福井の海は型がいいですね~(^^)



その後もポツポツ釣れました



良型と小型の違い
e0253927_1729264.jpg

まだこの時期こんな小さめのイカも釣れるんだぁ(´・ω・)




場所を移動しながら釣り上げていきます
e0253927_1735063.jpg

辺りがだいぶ明るくなってきました
綺麗な朝焼け
e0253927_17305319.jpg

しかし明るくなってくると途端にアタリが少なくなりましたね(*´ω`)




ジジさんです
e0253927_17314353.jpg

渡船直後、良型を釣り上げた彼であったが
その後はぱったりアタリが止まっていたようです(´-ω-`)




H氏
e0253927_17322084.jpg

彼は昔体操選手だったようです
今は・・・・・・




エヌシマさん
e0253927_17331668.jpg

貫禄ありながらも笑顔でさわやかな彼
これで割烹着 着せたら寿司職人に見えませんか?




渋くなったら場所を移動して釣ります
使用エギはYOZURIの3号
一番シンプルなエギでした
e0253927_1734121.jpg


このエギいいなぁと思うのは
根掛かりした時に、針が曲がってくれるんですよね
なのでよっぽど岩にがっつりかからなければ
引っ掛かってもある程度は寄せて来れます
e0253927_17372354.jpg

針が曲がった状態(右側)
イカにかじられてエギがケパケパになっています

この日、H氏とエヌシマ氏はラトルのエギを使っていたようですね

明るくなった頃、エヌシマさんが用意してきたジギングをやってましたら
サゴシがかかりましたね
抜きあげた瞬間バレてましたが
どうやら青物が回り出したみたいです

という事はイカは・・・・・(´Д` )




皆さんが釣っているところ
e0253927_17391286.jpg




H氏盗撮に気付きました
e0253927_17404792.jpg

この時ジジさんはもう諦めていたそうです




ジジさんは仕事の関係で一足先に岸へ戻りました
これから岸に戻ります
e0253927_17414679.jpg



その後9頃までだったかな
アタリが渋くなってきたので皆さん納竿となりました




結果
ももた 7ハイ
ジジさん 2ハイ
エヌシマさん 4ハイ
H氏 17ハイ

ももたの釣果
e0253927_1743087.jpg



ちなみにこの日磯場に出ていたjonnkara氏は5ハイ
シューイチさんは聞いてなかったけど同じくらい釣れたのだと思う
流石でございます

ボート出してもあんまり変わらんなぁ(´ω`;)




しかしこの日、圧巻だったのはH氏
明るくなってからもコンスタントに釣り上げておりまして断トツの17ハイ
やはり格段に腕が上がっているようです



どうやってます?と聞くと

縦に ガッガッ、横に ガッガッとして底にステイ 何か反応があったらガッっと合わせる・・・・ 

長嶋さんですね(*´д`*)







まぁ久々の渡船役で、無事磯渡りするのに緊張しましたが
波風の状況が悪くなければそんなに難しいものではなさそうです

その後は実家によってボートを洗いました
e0253927_17434060.jpg

それから干して片付けて





やはりボートを出すと、片付けに2時間ほどかかってしまいますね
もうちょっとスピーディーに出来るようにしたいと思います

まぁ面倒なところもありますが
やはり人があまり入らない場所で悠々と釣りをする醍醐味というのは大きくて

いいですなぁ 沖磯 (´∀`)





また皆さん行きましょう!('∞'*)




本日もお付き合いいただきありがとうございました
[PR]
by yoshikawa-hajime | 2012-10-21 17:53 | アオリイカ